4大治療法の1つ免疫療法の効果とは|症状に合わた治療法

難病に指定された耳の病気

聴診器

メニエール病は難病に指定されためまいが起こる病気です。発作の周期は安定しておらず疲労だと考えて放置する人もいます。症状が進行すると難聴になってしまいます。めまいの前には吐き気、耳鳴り、耳の閉塞感などがあります。めまいが起きるのは内耳がリンパ水腫を起こしていることが原因です。

もっと知ろう

血液のがんを克服する

病院

悪性リンパ腫は血液のがんで、リンパ球が異常に増える病気です。治療は化学療法と放射線療法が中心で、寛解率は60〜70%に達します。普通の治療で十分な効果がないときは、造血幹細胞移植が行なわれることもあります。

もっと知ろう

ガン治療の4つ目の治療法

男女

ガン細胞の増殖を抑える

人間の体内には生まれつき免疫機能が備わっています。外部から細菌が侵入したりウィルスに感染しても免疫機能によって撃退するので、病気にならずに生活できているのです。この免疫力を高めることによって病気を治療する方法が免疫療法です。免疫療法の特徴はガン細胞の増殖を抑えるという特徴があります。ガン治療には外科手術、抗ガン剤治療、放射線治療が3大治療法として知られていますが、今ではそれに免疫療法を加えて4大治療法と呼ぶ人もいます。免疫療法のもう1つの特徴は3大治療法のようにガンを消滅させるという直接的効果ではなく、増殖や再生を防ぐ効果があるという点です。また抗ガン剤治療や放射線治療の副作用を抑えるという効果もあります。

副作用を軽減する働き

注意する点は免疫療法だけでガン治療ができると思わないことです。あくまでも手術後の転移や再発を防ぐために用いられる治療法だということです。よく末期ガンの患者が免疫療法に頼る姿が見られますが、他に治療法がないので最後の拠り所とするからです。実際、免疫療法だけで末期ガンから生還した患者もいます。免疫療法には確かにそのような力はあります。しかし手術や抗ガン剤治療や放射線治療で治すことができるのに、免疫療法だけに頼ろうとするのは気をつけるべきです。免疫療法でガンを消滅させることができませんが増殖を抑えることができるので、体内にガン細胞を抱えたまま共生の道を選んでいる人もいます。ガン細胞が増殖しない限りは、ガンは怖い病気ではないのです。その意味において、免疫機能の果たす役割には大きいものがあります。

抗体検査とワクチン接種

ハートを持つ医者

おたふく風邪は時に深刻な合併症をもたらす病気のひとつです。伊丹の小児科では1歳以上になったらおたふく風邪のワクチン接種を受けることができます。おたふく風邪には知らないうちにかかっていることもありますが、伊丹の小児科では抗体ができているかどうかを調べてもらうこともできます。

もっと知ろう