HOME>コラム>ペット葬儀をすることで気持ちも変わる~最後まで送り出そう~

ペット葬儀をすることで気持ちも変わる~最後まで送り出そう~

骨壺

ペット葬儀をする方が増えている

近年、ペットが亡くなった後に葬儀を行う人が増えています。火葬が一般的で、ペット葬儀を扱う業者もたくさんあります。この背景には、ペットを家族の一員として考える人が増えていることがあり、亡くなったときも人間の家族と同じように送ってあげたいと考えているためです。立ち会い葬だけでなく合同葬や移動式火葬車もあり、飼い主のライフスタイルや希望に合った葬儀形式を選びやすいのも利用が増えている要因です。葬儀が普及する前は、亡くなったペットの扱いに困ることもありました。庭に埋めたり、火葬してもらっても形式とした葬儀は無く、気持ちに区切りが付きにくかったです。葬儀を行うことでペットをしっかり見送ることができます。

花

ペットロスから抜け出すための方法の1つ

ペットが亡くなったあと、依存が強かった人はペットロスにかかってしまうことがあります。今まで日課だった世話がなくなり、大きな穴が空いたように虚しさを感じ、何事にも気力が起きない状態です。ペットのことを考えては落ち込み、悲しい気持ちをいつまでも引きずってしまいます。そんな気持ちに区切りをつける意味でも、ペット葬儀は有効です。葬儀の手続きを行い見送っているうちに心が落ち着き、少しずつ受け入れられるようになります。返骨を希望すればお骨を傍に置いておくこともでき、ペンダントに入れて持ち歩いたり自宅に置いて供養したりもできるのでじっくりと向き合うことができます。このようにペット火葬は自由度が高いため、ペットロスを抜け出す方法としても有効です。