HOME>コラム>ペット葬儀をしてもあなたのそばで見守っている~愛犬愛猫を感じる~

ペット葬儀をしてもあなたのそばで見守っている~愛犬愛猫を感じる~

人形

メモリアルグッズという方法がある

家族の一員として暮らしてきたペットが、天国へ旅立ってしまうのは辛いものです。たとえこの世からいなくなった後でも、そばで見守っていてほしいというのが飼い主の気持でしょう。ペット葬儀業者には、ペットの遺骨を入れたキーホルダーやネックレスなど、メモリアルグッズを作るサービスがあるので、肌身離さず一緒にいたいと願う人は利用することができます。その他にも、ペットの遺灰や毛からダイヤモンドを作ることもでき、愛するペットの魂を、美しいジュエリーにして身につけることもできるのです。形に残るものは、残された者にとって心の慰めになります。ペットロスから立ち直れなかったり、心の拠り所が欲しかったりする人は、サービスを利用してみると良いでしょう。

骨壺

寂しさを感じるのは当たり前

長年一緒に暮らしてきたペットを、きちんとしたペット葬儀を行い満足できる形で送り出してあげたとしても、心が晴れるわけではありません。肉親が天国へ旅立つのと同じように、寂しさを感じるのは当たり前のことです。淋しさを乗り越えるのは難しいですが、きちんと弔いをすることによって気持ちの整理をつけることができます。そのため、ペット専用のミニ仏壇やフォトフレームなど、毎日供養できる場を設置するのもおすすめです。葬儀が終わった後、業者に相談してみると良いでしょう。時間と共に、ペットの死を少しずつ受け入れていくことができ、ペットとの素晴らしい日々を悲しみではなく、感謝の気持ちをもって振り返れるようになるはずです。