4大治療法の1つ免疫療法の効果とは|症状に合わた治療法

難病に指定された耳の病気

聴診器

メニエール病の存在は難病に指定されることによって多くの人に知られるようになりました。しかし以前はそれほど重要な病気とは認識されていませんでした。めまいの症状が起きても30分前後でおさまりその後すぐに働けたりするので疲れだと思って放置してしまう人も多かったのです。しかも発作の周期は安定しておらず、一週間に一度程度起こったり数ヶ月ごとだったりすることもあります。症状が治まれば普通の生活に戻れるので病院で検査することを怠ってしまう人もいます。友人の場合もそのひとつで、仕事が忙しく慌ただしい毎日を送っていたので疲れのせいだと考えて放置していたそうです。そんなある日、耳の聞こえがよくないことに気づいたそうです。

メニエール病は症状が慢性化すると難聴になってしまいます。友人の場合も耳鼻科で検査した結果、片耳の難聴がかなり進行してしまったとのこと。片耳だけ悪くなったので気づくのが遅れてしまったのです。メニエール病特有のめまいも起きる前には吐き気や耳鳴りがしたり耳が塞がれたような症状が出るため事前にわかることが多かったようです。そのため事前に休憩をとったりすることでめまいを予防したり軽くすることができました。しかし、発作が起こるたびに確実に病状は進行していたのです。これはストレスなどが引き金になって内耳にリンパ水腫が起きたことが原因だそうです。今は水腫の治療を行いメニエール病の症状もかなり改善してきています。